広島支部・女性部会主催「明治維新から150年ぶりの大転換期における“地方からのニュービジネス”」講演会&トークセッション

3月2日(金)リーガロイヤルホテル広島にて、広島支部・広島女性部会催事 150年ぶりの大転換期における“地方からのニュービジネス”をで開催しました。
講演会・トークセッションには118名、交流会には61名に方にご参加頂きました。

<講演会>講師:株式会社ドリーム・アーツ 代表取締役社長 山本孝昭 氏
広島に生まれ育ち、東京そして世界を見て、また今広島に拠点を置くねらいを話されていました。外に出て初めて気づく世界や東京にない広島の良さなど、私たちは広島にいると認識できていないことがたくさんあります。もっと自分たちのことを知って、明治維新から150年を迎える今こそ、明治維新で日本がしてきたことをもう一度振り返り、「建設的な対立」を楽しみながら、視野を広げ、新しいことにチャレンジして行って欲しいという熱い想いを語って頂きました。

<トークセッション> 中国NBC広島支部長  オタフクホールディングス株式会社 代表取締役社長 佐々木 茂喜 氏
150年前の日本は常に他国を追いかける存在でしたが、今は、先頭を走っている分野も多くあります。これは、今まで日本が経験していない新しい世界です。
「これからの日本は良くなる」という考え方と「世界的な危機の中に日本は巻き込まれる恐れがある」という二つの違った意見を出して交換して頂きました。
二つの考えは対極にあると思われるかもしれませんが、どちらも根っこは、「日本を良くしたい」という想いから生まれたものです。
普段聞けない示唆に富んだ話に参加された皆さんは、頭をフル回転させて、いろいろなことを考えて頂けたのではないでしょうか?
<アンケート>
いただいたアンケート結果をグラフにしてみました。

 ↑ ↑ 参加理由項目
・講演者の話が聞きたかったから

・ 経営者2人のトークセッションが聞きたかったから
・テーマに興味があったから
・中国NBCの会員だから
・誘われたから

↑ ↑ 参加理由項目
・AI関連のセミナー

・働き方改革について
・採用・定着に関するセミナー
・ 体感セミナー(広島県の話題スポットへの見学など)
・地元大学生との交流(グループディスカッション)
・若手社員向けセミナー(社員の育成のため)
・今年で26回目を迎える中国NBC「NB大賞」受賞企業講演会
・「NB大賞」受賞企業訪問ツアー
・中国NBCの目的別会員企業訪問ツアー

<感想コメントから  一部抜粋>

・外から感じていたドリームアーツのイメージが山本社長の話を聞き一変しました。デジタル以上にアナログの要素、性根も有していると感心しました。

・山本社長の話は 固くなった頭にビタミン注射を打たれたような印象でした。

・講演内容に興味が参加しましたが本質的なモノが大事であるというお考えに共鳴しました。

・ずっとお話しを聞きたいと思っていたのでこのような機会があり嬉しかったです。少し平和ボケしがちな日常だったので経済のこと、世界の現状含めて聞けたことで身が引き締まりました。

・とても刺激のあるまた身の引き締まるお話しでした。トークセッションはおもしろいお話を聞けました。

・セッションでは非常に明確に二人の対比が見えた。どちらが正しいということはないが広い視野が重要だと感じた

<交流会>
ご講演頂いた山本社長も引き続きご参加いただき、中国NBC会長 デリカウイング株式会社代表取締役会長兼CEO細川 氏、佐々木支部長、女性部会長 株式会社ソアラサービス 代表取締役社長 牛来氏も加わり、中国NBC会員だけでなく会員外の方もさまざまな情報交換をして頂き大変盛り上がりました。
交流会の企画として、参加者の方に抽選で「New」というテーマで、10名の方に90秒スピーチをしていただきました。
蔵田ファイリング(株)田戸氏、寿マナック(株)原田氏、千瑞穂法律事務所の加藤氏、(株)ハーストーリイプラス清水氏、女性部会支部長の牛来氏、などにコメントいただきました。

私たち中国地域ニュービジネス協議会が目指す「良質な刺激」を感じて頂けたなら幸いです。
平成30年度は、この「良質な刺激」と会員同士の「触れ合い」を念頭に活動していきたいと思います。
(広島支部担当:西尾、石田)