備後支部催事「マインド向上セミナー」&「びんご5:01 2017」報告

5月17日、講師にFuku-Biz(福山ビジネスサポートセンター)の新しいプロジェクトマネージャーの池内氏を迎え、「ブランディングで際立つ経営を」と題して講演いただきました。
新体制のFuku-Biz(フクビズ)スタッフ紹介に続いてセミナーでは、顧客との接点を具体的に示し、誰をターゲットにして、どのような価値(サービス)を、どうやって伝えるか…今やモノが良ければ売れる時代でない、「モノと一緒にコトを語る」という情報発信の大切さについて述べられました。

氏が「今思い出しても目頭が熱くなる…」と言って紹介くださった、富士市の菓子店支援の成功事例は、どの企業でも自社に置き換えてすぐ実践できるヒントが盛りだくさんだったのではないでしょうか?

質疑応答では、池内氏がこれまで経験してきたウォルトディズニーや、エルメスでの取組についても触れ、「大事なのは、そのブランドが持つ強みを意識してどうしてもやり遂げるという熱い想いを持つこと。そして、それに継続して取り組むことが重要。ブランディングは大手企業のためだけにあるものではなく、どの企業でも、これから起業する人でも、是非取り組んでみて欲しい」と参加者への応援メッセージで締めくくられ、大いに盛り上がりました。

続く「びんご5:01 2017」(異業種交流会)ではセミナー講師の池内氏にも参加頂きました。
企業PRコーナーで、自社のイベントの告知をする方や、地ビール、地元の仕出し、コーヒー店などにも出店いただき、コラボ企画を持ち出す事業者など、盛んに名刺交換が行われていたようです。
ご参加いただいた、みなさま、そしてご共催くださった、(一財)備後地域地場産業振興センターのみなさま、ありがとうございました。(於;RIM福山・セミナー&交流会88名)

この会での出会いが、新たなニュービジネスにつながる第一歩になればと期待しています。
Fuku-Bizの取り組みについてご興味のある方(他県の方も)は、ぜひ幣協議会にお問い合わせください。

担当者:石田・葛西