広島支部催事「竹内智香選手講演会&トークセッション」を2月25日(火)に開催しました!

2月25日(火)に、ANAクラウンプラザホテル広島3F会場にて「竹内智香選手講演会&トークセッション」を開催しました。

非常に微妙な時期での開催決行でしたが、総勢102名様のご参加を頂きました。ご参加、ご支援ありがとうございました。ソチ五輪銀メダリストの竹内智香選手に、「ニュービジネスを生み出す”原動力”について」と題して一時間あまりのご講演を頂き、その後、中国NBC広島支部長であるオタフクホールディングス(株)社長の佐々木茂喜氏とおよそ一時間弱のトークセッションを行って頂きました。

講演会では、ソルトレークシティー、トリノ、バンクーバー、ソチ、ピョンチャン、出場された5回の冬季オリンピック経験からご自身が学ばれたことを紹介されました。最初はオリンピックに出る事だけが目標だったそうですが、先輩や外国勢の活躍を見るうちに、前例に影響されないで、自分自身が本当に世界一になるという目標を持ち(覚悟をして)、そのために今何をすべきかを考えるようになったそうです。14歳でオリンピックに出ると決め、そのために今何をすべきかを考えたそうですので、14歳時点ですでにただ者ではないのですが、その後も経験を重ねるごとに学習し成長を続けられた様子がよく分かりました。また、スイスのナショナルチームに入れてもらうために(通常ではありえない)、何度断られてもしつこくお願いしてとうとう練習に参加させて頂いたエピソード、資金を稼ぐためにスイスではベビーシッターもされたこと等、スポーツ以外の側面も丁寧に説明してくださいました。

超多忙な佐々木支部長ですが、事前にA4二枚のメモを作成して、トークセッションに臨まれました。入念な下調べで、「暗い人は応援してもらえない」、「常にポジティブな表現を口から出すようにしている」、「目標からバックキャスティング」などなど、竹内選手のすごさをさらに引き出して頂きました。

前例のない世界に挑戦され続ける竹内選手の生き様は、ニュービジネスに挑戦される経営者に通ずるものが大いにあり、大変良質な刺激を参加者の皆様に提供できたと自画自賛しております。

交流会では色紙10枚をじゃんけん大会で配って頂いたり、ツーショット写真に気持ちよく応じて頂くなど、本当に気持ちの良いアスリートで、まさに『応援したくなる人』でした。成功する起業家と全く同じで、たくさんの参加者からエネルギーをもらったと高評価を頂きました。

<中国NBC 佐々木広島支部長 開会のご挨拶↓>

<竹内選手のご講演の様子↓>

<竹内選手と佐々木支部長のトークセッションの一コマ↓>

<交流会でのじゃんけん大会 竹内選手の色紙が商品でした↓>

(一社)中国地域ニュービジネス協議会 担当 杉山